銀行印

銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介!

銀行印選びに役立つ基礎知識やおすすめ通販サイトなどを詳しく紹介しています。

( 更新日:2017/12/18)

おすすめの銀行印を詳しくご紹介!

銀行印は、防犯対策として実印同様に複製されにくい書体を用いて作成することをおすすめします。

また、お届け印などの認印は使用頻度が高く紛失のリスクあるため、別途サイズを変えるなどして銀行印を持っておくと管理が容易です。

当サイトでは、高品質で低価格な印鑑を作成できる人気の通販サイトの中から、おすすめのショップを紹介しています。

銀行印を作成する際の参考にしてみて下さい。

銀行印通販ショップおすすめランキング

ランキング1位 はんこプレミアム
はんこプレミアム

はんこプレミアムは、年間数万本の販売実績があり、プロの職人が印材選びから彫刻に至る全て作業を行っている印鑑通販サイトです。広告宣伝費をカットして、その分の浮いたコストを価格に還元してます。もともと印材卸売業者だっため、高品質の印材を使用した質の高い印鑑を業界屈指の価格で提供しています。

詳細お申し込みはこちら
口コミ・評判 特徴 印鑑保証 印影確認
印材卸売業者の通販サイトだから素材の質が違う 10年
ハンコマン
ハンコマン

ハンコマンは、独自のルートで仕入れた厳選のA級素材を使用した印鑑を格安価格で購入することが可能な印鑑販売サイトです。ユニークな印鑑も豊富に取り扱っており、スワロフスキーが埋め込まれた印鑑など女性から高い人気を誇っています。

詳細お申し込みはこちら
口コミ・評判 特徴 印鑑保証 印影確認
完全受注生産およびA級素材を格安販売 10年
ランキング3位 ハンコヤドットコム
ハンコヤドットコム

ハンコヤドットコムは、年間出荷数は24万件超の実績を誇っている最も有名な印鑑通販サイトです。日本印章協会認定の数少ない「一級印刻師」が技術監修を担っているので、高品質の印鑑を作成することが可能です。また、業界大手メーカー各社とパートナーシップを締結して最高級の印材を大量一括に仕入れているため、質の高い印鑑を低価格で販売しているのが魅力です。

詳細お申し込みはこちら
口コミ・評判 特徴 印鑑保証 印影確認
印鑑のネット販売No.1の有名通販サイト 10年
ランキング4位 平安堂
平安堂

平安堂は、通販の他にも関東中心に60店舗を展開する印鑑専門店です。印材数日本一を誇り、特にプレミアムな素材が充実しているのが特徴です。品質が非常に高く、数々の賞を獲得した職人による手彫り印鑑も作成可能です。プレゼント用はもちろん記念品としても最適です。

詳細お申し込みはこちら
口コミ・評判 特徴 印鑑保証 印影確認
実店舗でも実績豊富なクオリティが自慢の印鑑ショップ 100年(象牙)
ランキング5位 いいはんこやどっとこむ
いいはんこやどっとこむ

いいはんこやどっとこむは、アンケートや口コミなど、マイナスな声を含めて全て開示していることで信頼を得ている印鑑通販サイトです。実際、お客様満足度が5年連続で90%を超えていることから、多くの人から高い評価を得ているのが分かります。もともと、印鑑卸問屋だったので低価格で質の高い印鑑を作成することが可能です。

詳細お申し込みはこちら
口コミ・評判 特徴 印鑑保証 印影確認
お客様満足度5年連続90%超を実現 10年

通販で銀行印を作成するおすすめの理由

通販サイト

銀行印を作成する際は地元のハンコ屋さんに依頼することも可能ですが、おすすめは通販印鑑サイトを利用することです。

最近では100円均一ショップでも、印鑑を販売していますが、長く付き合うことになる銀行印には、こだわりの商品を選びたいものです。

また、防犯上の面からも、大量生産品を使うのは好ましくありません。

店舗だと印材や文字などが制限されることがありますが、通販サイトなら豊富なラインナップから選択可能なので、理想の銀行印を手に入れることができます。

・木材系 :柘、アグニ、楓、白檀、黒壇など

・角・牙系:象牙、黒水牛、牛など

・金属系 :チタン、コバルトクロムモリブデン、アルミ、銀など

このような素材の印鑑をすべて網羅した店舗は、なかなかありません。

仮にあったとしても、すべてを見て選ぶにはかなりの時間がかかってしまいます。

もちろん、実際の店舗では、印鑑を手にとって触ることができるというメリットがありますが、選ぶにも時間もかかりますし、かなり難しいでしょう。

また、通販ショップのなかには実店舗を持たないケースも多く、その分コストを抑えて良心価格で販売しており、店舗で作成するよりも質の高い銀行印を安く作成できるメリットがあります。

通販はどうしても商品を手に取って確認できないデメリットが生じてしまいますが、印影プレビューにより事前に書体を確認できたり、10年間保証をつけたりとサポート体制が充実しているので安心です。

インターネットであれば、24時間いつでも自分の都合のよいときに注文することができます。

会社帰りに買おうと思ったら定休日だったということもありません。

さらに、翌日配送に対応している通販サイトも多いので、急に印鑑が必要になった場合も対応可能です。

>>銀行印をネットで購入について詳しく確認<<

通販ショップで銀行印を作成する際の注意点

ネット社会の発達に伴い、ほとんどのものがネットで購入できる時代になってきました。

印鑑も同様に、実印や銀行印といった人生において非常に重要な役割を担う印鑑も、ネット通販で購入・作成できるようになりました。

しかし、「認印やシャチハタならまだしも、重要な印鑑である実印や銀行印を通販ショップで作成するのはどこか躊躇してしまう」という人もいるのではないでしょうか。

そのため、ここでは通販ショップで実印や銀行印を作成する際の注意点について説明していきます。

実店舗ではなく、通販ショップで銀行印を作成する際のデメリットは2つあります。

1つ目は、銀行印の実物を実際を見ることができない点です。

銀行印を作成する際には、サイズ・書体・質感など多くのポイントにこだわって作成します。

当然のことながら、通販ショップでは、実際に実物を手にとって見ることができないため、注文して届いたら、自分のイメージとは違ったという事態が起きないようにしなければなりません。

しかし、最近の銀行印の通販ショップでは、様々な角度から撮った写真が多く掲載されていたり、プレビュー機能を利用して事前にイメージしやすくなっています。

次に、2つ目のデメリットとしては、銀行印を作成する際のポイントをプロに直接アドバイスしてもらえないという点が挙げられます。

実印や銀行印を作成する際には、多くのポイントや風習・規定などがあります。

実店舗で銀行印を作成する場合であれば、駐在するスタッフにその場で相談して、安心して作成することができますが、通販ショップであればそうはいきません。

しかし、最近は、印鑑ソムリエという印鑑選びのプロがいる通販ショップや、銀行印作成について詳しく解説してくれているサイトもたくさんあります。

もちろん、当サイトでも、銀行印作成のポイントやお役立ち情報をたくさん紹介しているためぜひご活用ください。

まだまだ、実印や銀行印を通販ショップで作成するのに抵抗がある方は、各通販ショップの口コミを見たり、プレビュー機能を利用してみることをオススメします。

銀行印の失敗しない作り方

近年、銀行印が不要の口座開設を導入する金融機関も出てきてはいますが、まだまだ口座開設時には印鑑が必要なケースがほとんどです。

ここでは、銀行印をオーダーメイドで作成する重要性と、失敗しない作り方を紹介していきたいと思います。

銀行印としての用途を明確化しておく

銀行印

偽造防止など防犯対策の面から最近では通帳に登録印鑑の印影が記載されなくなり、どの印鑑で登録したか分からなくなったという人も多いのではないでしょうか。

おすすめとしては、口座専用の銀行印を作成し、実印や認印など他の印鑑と区別して管理しておくことです。

特に実印は、自治体で印鑑登録を行い契約書などの重要な場面で必要になる印鑑なので、他の用途と兼用することは避けるようにしましょう

印鑑ごとに用途を明確化しておけば、銀行印の使用頻度も少なくなり偽造されるリスクを回避することにもつながります。

セキュリティ重視で作成

セキュリティ

銀行印は、生きていくために必要な金融資産を管理するための重要な役割を担っているため、セキュリティを特に重視して作成することをおすすめします。

100円ショップで購入した印鑑でも口座開設は可能ですが、コストを削減するため大量生産されていることからも分かるように偽造されやすいデメリットがあります。

したがって、銀行印を用意する際は他で流通していないオーダーメイドで印鑑を作成することが重要となります。

作成の際は、複雑な書体で職人によって個性が出てくる印相体篆書体が、偽造防止の観点からも優秀でおすすめです。

印相体 (いんそうたい)  オススメ!

印相体は、は、重厚感・安定感があり、また縁起が良い書体であることから印鑑用の書体として人気の高いです。円周に文字が接することで欠けづらく耐久性が優れているのと同時に偽造されにくいメリットがあります。

篆書体 (てんしょたい)  オススメ!

篆書体は、日本最古の印鑑書体と言われており、日本銀行発行のお札に押印されている印鑑やパスポートの表紙の書体に用いられています。文字に風格があり実印用の書体として人気がありますが、銀行印の書体としても最適です。

古印体 (こいんたい)

篆書体は、日本発祥の印章用の書体で認印に多く用いられています。隷書から派生した丸みのあるデザインは判読性に優れており、個人・法人問わず人気があります。

隷書体 (れいしょたい)

隷書体は、中国秦の時代に使用されていた実用書体で篆書体を簡略化した書体です。一万円札の書体に使用されていることで有名です。丸みのある判読性に優れた書体のため、認印に適しています。

楷書体 (かいしょたい)

楷書体は、名刺やハガキで用いられている非常に読みやすい書体です。日頃から馴染みのある書体であり、シャチハタなど普段使いの認印に最適です。

行書体 (ぎょうしょたい)

行書体は、楷書体を崩して筆運びを効率的にした書体で、現代では筆記体として広く浸透しています。躍動感と柔らかい印象が特長的で印鑑用の書体として幅広く用いられています。

>>銀行印の書体について詳しく確認<<

印鑑のサイズは慣例に従うのがベスト

銀行印

印鑑を作成する場合にサイズを選ぶ必要がありますが、大きさは慣例に従ってサイズを選ぶほうが後になって後悔せずに済みます。

ただし、他の印鑑との区別がつきやすいよう、認印よりも若干大きく作成する傾向があり、そのほうが管理しやすいメリットもあります。

基本的に実印より小さく、かつ認印などより大きなサイズで作るのが一般的です。

銀行印では、男性は13.5mm、女性は12.0mmの小ぶりサイズが人気が高い傾向にあるので参考にしてみると良いでしょう。

>>銀行印のサイズを詳しく確認<<

素材は耐久性に優れた印材がおすすめ

銀行印

銀行印は一度登録すると口座を解約するまでずっと使用・保管しておく必要があるので、長期間利用が可能な耐久性に優れた素材を選ぶことをおすすめします。

耐久性に優れた素材としては動物の角や牙が優秀で、黒水牛などは価格も良心的なうえ耐久性に優れていることから人気が高い印材です。

また、今注目の素材は超金属で有名なチタンであり、強度・耐久性・耐食性ともに優れた重厚感のある印材です。

近年の加工技術の進歩により以前よりも作成が容易になったことから価格も下がってきているのと同時に、シンプルでスタイリッシュなデザインも相まって人気急上昇中です。

>>銀行印の素材を詳しく確認<<

銀行印を通販サイトで作成する際のフロー

銀行印を通販サイトで作成する際のフロー

STEP1:印材・デザインを選択

基本的に自分が好む印材を選びますが、男性であれば黒水牛、女性であれば柘植など人気が高いようです。

印材だけでなく、通販ショップでは和柄や宝石で装飾されるなど豊富なデザインを取り扱っているため、気に入った素材で作成するのが一番です。

おすすめとしては予算の範囲内で、できるだけ耐久性の優れた印材を選ぶと長期間愛用できます。

費用は高額になりがちですが、最近は耐久性に優れたチタン製の印鑑が流行っています。

STEP2:サイズを選択

サイズは一般的なサイズであれば男性13.5mm、女性12.0mmが一般的です。

ただし、サイズが決まっている訳ではないので自分の好きなサイズで作成すれば良いでしょう。

印鑑全体で言えることは男性よりも女性の方が手が小さいため、印鑑のサイズも小さく作る傾向があります。

ちなみに実印より少し小さく、認印より少し大きく作成すると一目で銀行印かどうか区別がつくので管理するうえで便利となります。

STEP3:字体を選択

銀行印は重要度が高いためセキュリティ性の高い複雑の字体が良く、印相体や篆書体がおすすめです。

また複数の印鑑を所有している人が多いと思いますが、姓ではなく名前で作成することも管理が容易などのメリットがあります。

特に女性の人は結婚によって姓が変わるため、名前で登録しておけば銀行へ変更の届出をする必要もなく手間が省けます。

STEP4:印影プレビューで確認

印影プレビュー機能を利用すれば押印した際の字体を確認可能です。

デザインに納得がいかない場合は修正など要望できるので、イメージ通りの銀行印を作成できます

印影プレビュー機能を希望した場合は確認後に彫る作業へ進むため、即日出荷が利用できなくなるケースもありますが、届いてから後悔せずに済むよう積極的に活用することをおすすめします。

STEP5:購入・決済

希望の印鑑を選択できれば「注文手続き」に進んで購入の手続きとなります。

ほとんどの印鑑通販ショップではクレジットカード決済に対応しており、SSLによるセキュリティ対策も行っているので安心して利用可能です。

クレジットカード以外にもコンビニ決済、代金引換、銀行振込など各種決済方法が利用できるので使い勝手のいい方法を選ぶと良いでしょう。

また、5,000円以上の買い物をすれば送料無料になることも多いため、複数の印鑑をこの機会に作成してしまう人も多いようです。

STEP6:発送

多くの印鑑通販ショップでは10年保証というアフターサポートを提供しています。

長期間使用していると印面が摩擦や破損によって捺印がキレイにできなくなる場合があります。

そんな場合、10年保証対象の印鑑であれば期間内は無料で彫り直してもらうことができるので、いつまでもキレイな捺印を維持することが可能です。

一度登録したら変更することがほとんどない銀行印は長期間の使用が予想されるため、ショップを選ぶ際は10年保証付きの商品を選ぶと良いでしょう。

銀行印の彫刻・作成方法

銀行印に限らず、通販ショップなどが印鑑を作成する際には印鑑の印面には名前などを彫刻しますが、その彫刻方法は主に「機械彫り」「手彫り仕上げ」「完全手彫り」の3種類あります。

そもそも、印鑑は、「陰影作成」→「粗彫り」→「仕上げ」の三段階の手順で作成されます。

陰影作成では、彫刻する文字のサイズや書体を決めて印面に字入れします。

粗彫りでは、印面に転写した文字を大まかに荒削りします。

そして、仕上げで粗彫りのままでは未完の印鑑を細かい作業で仕上げます。

この工程を機械がやるか、人間が手作業でやるかで銀行印などの彫刻方法が変わってきます

ここでは、その3種類の彫刻方法について表を用いてまとめていきます。

彫刻・作成方法 特徴
機械彫り 機械彫りとは、銀行印などの印面の彫刻の過程を、全て機械が行う彫刻方法のことを言います。メリットとしては、何と言っても機械が全て行うため、綺麗に出来上がる上、作業も効率化されて価格もリーズナブルです。通販ショップで発注してもすぐに届きます。しかしその反面、機械で書体の陰影作成をするのため、偽造されやすくセキュリティーには課題を残します。
手彫り仕上げ 手彫り仕上げとは、粗削りは機械で行い、仕上げは手作業で行う彫刻方法のことを言います。銀行印の通販ショップでは、この手彫り仕上げの彫刻方法が一番多く使用されています。機械彫りと比べると値段も割高で、届くのも遅いですが、完全手彫りに比べるとリーズナブルに購入することができます。美しい印象で味のある雰囲気もありますが、画一的になる傾向もあります。
完全手彫り 完全手彫りは、その名の通り銀行印を作成するにあたっての全ての作業を職人が手作業で行います。手彫りの技術は取得するのに10年以上の時間を要する非常に高度な技術なため、仕上がりは美しく、出来上がりにも味があります。職人の全て手作業なため、細かい要望にも答えることができる反面、やはり値段は割高になってしまう上に届くまでも時間がかかります。

このように、印鑑の彫刻方法には3種類あり、それぞれのメリット、デメリットがあります。

特に完全手彫りは、実印の作成の時に使用する人が多いように、自分の用途やこだわりを考えた上で銀行印を作成していきましょう。

墨打ちとは

墨打ち

墨打ちとは、彫刻が済んだ印面に墨を塗って書体の仕上がり具合や、彫り残しがないかを確認する作業のことです。

また、墨打ちを行うことでより美しい仕上がりになります。

なお、印面が赤い印鑑を見たことがあるかと思いますが、その場合は朱の墨を使用しているためです。

使用していると墨がはがれていきますが、特に問題はないので安心して使用し続けることが可能です。

墨打ちを行うメリット

  • 印影に影響を与えるため、複製等の偽造防止につながる
  • 印材に防腐効果を与えより耐久性が高まる
  • 塗料を塗るよりも朱肉のなじみが良い
  • 風情や美しさを持たせることができる

銀行印おすすめの印材まとめ

銀行印は、お金を取り扱う重要な印鑑としてその材質も注目されています。

耐久性の高さはもちろんのこと、豪華な風格のある材質や重厚感を演出する材質が人気です。

銀行との取引に用いるため高品質であることも重視されており、長い期間印面が変化しないような素材の銀行印が好ましいです。

また、印鑑の歴史は非常に深く、言い伝えられてきた素材に関する信仰心や迷信も存在するため、素材選びはしっかりとした知識を持った上で慎重に選んでいきましょう。

角牙系 木材系 金属系 宝石系
象牙
黒水牛
水牛

白檀
黒檀
竹根
チタン
ステンレス
琥珀
水晶
ルビー
ラピスラズリ

角牙系

動物の角や牙を加工した角牙系の素材は、芯持ちが良く耐久性の高さが特徴となっています。

美しい見た目と印影の綺麗さで印材の王様とも呼ばれている象牙をはじめ、黒光りした美しさで人気の黒水牛や、透明度の高い印材として女性にも人気の水牛が挙げられます。

動物由来の素材となるため、特に象牙はワシントン条約で保護されるなど貴重性が高く入手困難となっています。

木材系

印鑑の定番素材として多くの利用用途に使われている木材系は、日本の国土ならではのさまざまな木材から採られた印鑑が多く存在しています。

木のぬくもりが感じられる柘は彫刻にも適した印材として手彫り加工のしやすさでオーダーメイド品として人気です。

爽やかな木の香りが感じられる白檀は高い風格で高級感を演出します。

緻密な材質で耐久性に優れた黒檀は、油分を含んでいる木材であり、使うほど味が出てくるという特徴があります。

真竹の根を使っている竹根は、独特の風格で個性ある印鑑として人気です。

金属系

他の素材を圧倒する耐久性を誇る金属系の印材には、チタンやステンレスが使われています。

手に伝わる冷んやりとした最新鋭の金属であるチタンは、耐食性に優れており重厚感のある印材として実印でも多く用いられています。

鉄を主成分としてクロムが含まれているステンレスは、錆びにくい金属として高い耐久性を有しています。

チタンよりも低価格で作成できるのも人気となっています。

宝石系

豪華な印象を与える宝石系の素材としては、暖かい色合いがあり手になじむ軽さを誇る琥珀が象牙とならぶ高級印鑑として人気となっています。

他にも、透き通る透明感で独特の雰囲気がある水晶や、宝石の女王とも言われているルビー、古代より聖なる石として信仰されてきたラピスラズリなどが挙がります。

宝石系の印材は、その素材に込められた意味やパワーストーンとして選ぶ方に注目されています。

女性必見!銀行印おすすめ作成方法

女性必見!銀行印おすすめ作成方法

まだ未婚の女性が銀行印を作成する場合「結婚して苗字が変わってもその銀行印は引き続き使えるの?」という点が気にかかるのではないでしょうか。

調べてみると、銀行によりますが多くの銀行では改印の必要はなく、旧姓の銀行印のままでも継続して使用できるようです。

但し、手続きの度になぜ姓が異なるのか、事情を説明する必要が出てくるようで、いささか煩わしさがあります。

そして、旧姓印鑑は使用不可の銀行もありますので、結婚をして姓が変更になった場合は思い切って銀行印を新しく作り直してしまうのも一つでしょう。

そしてもうひとつは、最初から「名前のみ」で印鑑を作成する事です。

印鑑イコール苗字のみが記されているもののイメージを多くの方が持っていると思いますが、それは使用頻度の高い認印などの印鑑であります。

実は名前のみで印鑑を作成することは可能なうえ、本名であればほとんどの銀行でその印鑑を銀行印として口座登録することも可能なのです。

金融機関によっては規定が異なるようなので、予めどのような印鑑はNGになるのかを確認しておきましょう。

こういった理由を踏まえて、まだご結婚されていない女性には苗字ではなく、名前のみの銀行印を作成する事をおすすめしたいと思います。

名前のみ銀行印のもう一つのメリットは、結婚してご主人と同じ苗字になった後にもあります。

当然ご主人は苗字で作った印鑑をお持ちでしょう。同じ苗字の印鑑がいくつもあるとどれが誰のどの印鑑なのか、区別がつかなくなったりすることがあります。

そういったケースでも、名前のみの銀行印であれば一目で女性のものであると判断がつくので管理の上でとても便利なのです。

もちろん、ビジネス用の銀行印が必要であったり、女性が家長であったり・・・と、様々な理由をお持ちの方もいらっしゃると思いますので、それぞれの事情に従って姓で銀行印を作成されても良いでしょう。

>>女性におすすめの銀行印を詳しく確認<<

男性必見!銀行印おすすめ作成方法

男性必見!銀行印おすすめ作成方法

銀行印は、銀行に登録し自分の資産を管理する上で重要な役割を果たします。

特に男性の場合、結婚したら、一家の大黒柱として、家族を生活させていかなければならないため、女性よりも銀行印の重みが増します。

では、男性が銀行印を作成する際には、どのようなことに注意する必要があるのでしょうか。

銀行印は、基本的にはフルネームでも、苗字でも、名前でも、自分の本籍に記載されている名前であれば、どれを使っても銀行印を作成することができます。

そこで、男性が銀行印を作成する際にオススメなのはフルネームです。

前述した通り、銀行印は非常に重要な印鑑なため、偽造されたら自分の財産を失ってしまうため、セキュリティー対策はしっかりする必要があります。

フルネームであれば、セキュリティーも高まる上、実印や認印などの他の印鑑とも区別しやすいというメリットがあります。

以下のことから、結婚すれば名字が変わる可能性が高い女性と違い、特別な事情がなければ、名字が変わる可能性が低い男性にはフルネームで銀行印を作成することをオススメします。

また、名前は横彫りすることをオススメします

これは、男性だけじゃなく、女性にも言えることですが、昔からの慣習で「縦彫りだと、お金が上から下へ流れていく」という言い伝えがあります。

銀行印は、お金にまつわる大切な印鑑なため、書体等も風水的な要素を取り入れるのもいいかもしれません。

加えて、男性が銀行印を作成するタイミングですが、進学や就職、結婚といった人生の節目に作成するのが良いと言われています。

男性は、結婚すれば、自分の財産が家族の財産になります。

銀行印が持つ意味は非常に大きいため、自分にあった銀行印を、銀行印作成のポイントを押さえながら、長く使えるものを作成する必要があります。

>>男性におすすめの銀行印を詳しく確認<<

銀行印はお祝い用プレゼントにも最適!

銀行印はお祝い用プレゼントにも最適!

印鑑は昔からお祝い事や新生活の門出などに贈るプレゼントとして人気があります

進学、就職、成人のお祝いはもちろん、結婚祝いや出産祝いに銀行印をプレゼントとして贈られています。

銀行印は、一生使うことができるので、プレゼントする際には相手に喜んでもらえるよう、耐久性に優れた銀行印を作成することを心がけましょう。

具体的に、銀行印をプレゼントする際にはどのようなことに注意する必要があるかを下記の表でまとめています。

シーン ポイント
進学・就職・成人祝い 進学、就職、成人祝いに銀行印をプレゼントする場合は、親や祖父母が子や孫にプレゼントする場合がほとんどです。新たな門出に立ち、社会へ旅立ってく我が子・孫へ一生使える銀行印のプレゼントは最適です。この場合、実印や認印もセットで贈るのもオススメです。今後は、経済的に独立すると実印を使用する機会も出てくるので、セットで購入する方がオトクで便利です。
出産祝い 赤ちゃんが生まれた際に、銀行印を作成することは、本人名義の銀行口座を開設する目的があります。この際に、注意することは、今後何十年と使う銀行印のため、耐久性のあるものを作成することと、女の子の場合は結婚することを見越して名前だけの銀行印を作成することです。また、余談ですが、銀行口座を開設する際には、記念として赤ちゃんの出生体重と同じ金額を入金することもオススメです。
結婚祝い 結婚祝いとして苗字が変わる我が子または妻にプレゼントとして銀行印を贈るケースも良く見受けられます。既に結婚している夫婦でも、記念日などにペア印鑑を作成する人もいます。結婚祝いとして、銀行印を贈ったり、作成したりする場合は、名前や記念日、誕生石を入れた印鑑を作成するのもオススメです。
外国人へのプレゼント 外国人の方でも、日本での生活が長く、銀行口座を開設する予定のある人には、銀行印のプレゼントは最適です。しかし、印鑑は日本特有の文化であるため、外国人が作成する際には外国人登録してある名前しか使用できないケースが多いので、各銀行ごとに確認が必要です。また、外国に住む友人等に日本の伝統的な和柄がプリントされた印鑑をお土産として贈るのも最適です。
銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介!

ページトップへ戻る

企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ

Copyright (C) 銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介! All Rights Reserved.