運気アップ・開運に適した材質・書体

銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介!

一般的に象牙や黒水牛、柘などが開運に適した材質となっています。

銀行印TOP > 運気アップ・開運に適した材質・書体

開運に適した印材

開運に適した印材

印相学では、印鑑は使用者の魂を宿す「宮」、自分の「器」、自分の分身と言われており、実際に使用し続けていくほど使用者の気が入り、やがて魂が宿ると言われています

一般的には、動物系の印材では「象牙」や「黒水牛」が、植物系の印材では「柘(つげ)」が適印材とされています。

九星気学の生まれた年から単純な鑑定により相性が良い印材は、「柘、黒水牛または象牙」であると決められています。

どこの印鑑屋さんでも高価な象牙の印鑑を勧めていますが、果たしてこの説が正しいか真意はどうでしょうか?

たしかに象牙は、希少価値があり高価で、耐久性や押印性も高く印材として向いていますが、それは物質的価値でしかなく、印材として使用され始めたのは昭和初期と比較的最近です。

九星の占いにおいても象意(意味)のみからきているものであり、印相学においても、残念ながら開運に影響を及ぼしません。

九星気学や印相学から鑑みれば、大自然のエネルギーに満ちた樹木である「柘」が運を切り開く「最強の印材」と言えるでしょう。

開運に適した書体

 

銀行印の書体では、運気の良い字体や簡単に真似されない字体から、篆書体(てんしょたい)、印相体(いんそうたい)、古印体(こいんたい)が良いとされています。

 

篆書体は、漢字の基本である象形文字からできた古い書体で、風格のある印影が人気となっています。

 

太枠篆書体は枠が太くなることから、印鑑でよくある枠が欠けてしまう予防になる点も支持されています。

 

印相体は、吉相体(きっそうたい)とも呼ばれ、篆書体を基礎にしてデザイン化された書体で、縁起が良いとされています。

 

枠に文字が接するのが特徴で、枠が欠けにくいという利点もあり、やわらかで力強い印影の人気の書体です。

 

古印体は、7~8世紀ごろに日本で作られ、大和古印の伝統を受け継いだ古雅な味わいを活かした日本独自の書体です。

自分に合った印鑑を

印鑑は、九星気学印相学などにより、運気のいい印材や縁起の良い書体などが決まっていますが、もともと開運印鑑などはなく、印相体も昭和にできた書体で、運気とは関係ないという批判もあります。

印材も最近では、チタンなどの金属系の耐久性、耐食性に優れたスタイリッシュな印材も多く出てきています。

結果的に、自分に合った末永く使える印鑑が一番良いでしょう。

自分に合った印鑑を

印鑑は、九星気学や印相学などにより、運気のいい印材や縁起の良い書体などが決まっていますが、もともと開運印鑑などはなく、印相体も昭和にできた書体で、運気とは関係ないという批判もあります。

印材も最近では、チタンなどの金属系の耐久性、耐食性に優れたスタイリッシュな印材も多く出てきています。

結果的に、自分に合った末永く使える印鑑が一番良いでしょう。

九星気学とは

銀行印などの印鑑の書体には開運効果のあるものがあり、それらの開運を決める1つの占術として九星気学というものがあります。

九星気学とは、古くから中国で伝わってきた占術で、私たちの目には見えない一定のリズムで常に循環している宇宙や大自然の“気”(エネルギー)を9つに分類し、さらに「木」「火」「土」「金」「水」の五行の相性を組み合わせて行う占術のことを言います。

九星気学の最大の特徴はすべての人の「生まれ年」から九星を分類し、それを元にその人の運勢・方位・相性を占うことができということです。

そのため、九星気学の狙いとしては自分にとって良い方向を知り、良い方向に向かっていくことによって開運効果を高めていくということにあります。

そこで、銀行印作成においてもこの九星気学の占術が応用され、1人1人の「生まれ年」からその人にとって最も開運効果のある印材を導き出します。

ここでは、それぞれの「生まれ年」から九星を分類し、それぞれの星の「生まれ年」の人たちにオススメの銀行印の印材を表を用いて紹介していきたいと思います。

                          
九星気学 生まれ年 オススメ印材 解説
一白水星 昭和 2・11・20・29・38・47・56 黒水牛・白水牛・象牙・つげ一白水星の人は水の精を受けています。そのため、どんな環境にも適応でき、多くの人から好感を得ることができます。表面はソフトですが、中身は芯が通っており、仕事やお金や恋愛など何事もコツコツと積み重ねるタイプです。
平成 2・11・20・29
二黒土星 昭和 10・19・28・37・46・55 黒水牛・白水牛・象牙二黒土星とは、万物の母である大地を表す星です。二黒土星の星の人は真面目で気がきく人が多く、1つの仕事を長くやり続けるのに向いています。また、頼まれたら断れない性格が故に損をしてしまう事もしばしあります。
平成 10・19・28
三碧木星 昭和 9・18・27・36・45・54・63 黒水牛・白水牛・象牙・つげ三碧木星の星の人は、非常にエネルギッシュで頭の回転も速く、常に前向きで何事にも率先してチャレンジする行動力を持っています。向上心が強く、活発に行動するため感情の起伏も激しく、ギャンブルなどには注意が必要です。
平成 9・18・27
四緑木星 昭和 8・17・26・35・44・53・62 黒水牛・白水牛・象牙・拓殖四緑木星の星の人は、順従で穏やかな性格のため、春を連想させるような優しさを持っています。その人柄が故に人当たりが良いため、たくさんの人に慕われます。明るく社交的なため、分野を問わず活躍できる人間になるでしょう。
平成 8・17
五黄土星 昭和 7・16・25・34・43・52・61 黒水牛・白水牛・象牙五黄土星の人は、生まれつきリーダー素質を持っており、集団を統率し、束ねる力を持っています。責任感と自己主張が強く、人並み以上の活躍をする力を持っています。しかし、自信過剰な行動は運気を下げるため、気をつけましょう。
平成 7・16
六白金星 昭和 6・15・24・33・42・51・60六白金星とは、洗練されていない鉱石を意味するため、磨き方によっては素晴らしい宝石になる可能性を秘めています。また、六白金星の星の人は、真面目で正義感もあるため、リーダーシップもあり専門分野の極める力もあります。
平成 6・15
七赤金星 昭和 5・14・23・32・41・50・59七赤金星の星を持つ人は、生まれながらにして衣食住には困らず、生涯を通じてお金には困らない運勢を持っています。また、人の気持ちを読む洞察力に長けており仕事運もいいです。お金には困らないため、浪費には気をつけましょう。
平成 5・14
八白土星 昭和 4・13・22・31・40・49・58八白土星の星の人は、遺産や事業を引き継ぐ後継者運が強く、目上の人からの支援に恵まれる運勢を持っています。飽き性な性格のため、職場が変わることもありますが、粘り強く、努力家なため仕事運にも恵まれています。
平成 4・13・22
九紫火星 昭和 3・12・21・30・39・48・57 黒水牛・白水牛・象牙・拓殖九紫火星とは、火を意味しており、勢いよく燃え上がる中年期に最盛期を迎えます。また、頭の回転が速いため、頭脳労働に向いています。金運もよく、お金儲けも上手でお金の入りもいいため、浪費が多くなりがちで注意が必要です。
平成 3・12・21

<<広告・PR欄>>

はんこプレミアム

はんこプレミアムの公式ホームページです。
http://www.inkans.com/

ハンコマン

ハンコマンの公式ホームページです。
http://hankoman.jp/

ハンコヤドットコム

ハンコヤドットコムの公式サイトです。
http://www.hankoya.com/

銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介!

ページトップへ戻る

企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ

Copyright (C) 銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介! All Rights Reserved.