男性におすすめ銀行印

銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介!

男性の銀行印は大きめのサイズの横彫りが一般的です。

銀行印TOP > 男性におすすめ銀行印

男性の銀行印のサイズは?

男性の銀行印のサイズは、これっという決まりはないですが、認印よりも一回り大きく、実印よりも一回り小さいものが好まれます。

なぜ、あえてサイズの異なった印鑑を作成するかというと、実印や認印と間違わないようにするためです。

認印はよく使いますが、銀行印は使用頻度が比較的低いので、認印より大きめに作っておくと一目でわかります。

認印は、だいたい約10㎜~11㎜が一般的なサイズで、実印は15㎜~18㎜のサイズが多いです。

銀行印のサイズは、その中間の13.5㎜~15㎜が一般的で、13.5㎜が一番人気があるようです。

だいたいの目安にしていただいて、自分の好みに合うサイズの銀行印を作った方が良いでしょう。

男性の銀行印の書体は?

銀行印の書体としては、篆書体(てんしょ)、印相体(いんそう)、古印体(こいん)、隷書体(れいしょ)が一般的に挙げられます。

男性の銀行印の場合は、防犯上の面から複雑で趣のある篆書体や印相体で作る人が多いですが、比較的読みやすい古印体も人気があります。

また、印鑑に彫る名前はフルネームでもよいですが、男性の場合は、「姓」のみで作る場合が多く、右から左に横彫りにするのが一般的です。

横彫りにする理由は、実印と認印は縦彫りが多いため、それと区別するように横彫りにします。

また、横に彫ることで、「上から下へお金が流れていくことがないように」と、縁起を担いだ意味もあります。

男性の銀行印に人気の印材

男性の銀行印で人気があるのは、象牙をはじめ動物の牙や角を印材としたものや、柘(つげ)などの植物系の印材です。

最高級印材の「象牙」は、押印性や耐久性に優れ、美しい印影を残し、変形や摩耗のしにくい特徴があります。

ワシントン条約により輸入制限されているため希少価値も高く、永年使うほどに手に馴染み、特有の美しい光沢が出てくる高級感あふれる印材です。

黒水牛は、水牛の角を印材用に加工したもので、弾力性に恵まれており、適度な粘りと硬さを持ち、耐久性に優れた印材です。

柘(つげ)は、象牙や黒水牛とともに、木製の印材として古くから使われており、現在も広く愛用されています。

<<広告・PR欄>>

はんこプレミアム

はんこプレミアムの公式ホームページです。
http://www.inkans.com/

ハンコマン

ハンコマンの公式ホームページです。
http://hankoman.jp/

ハンコヤドットコム

ハンコヤドットコムの公式サイトです。
http://www.hankoya.com/

銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介!

ページトップへ戻る

企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ

Copyright (C) 銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介! All Rights Reserved.