結婚したら銀行印の変更

銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介!

結婚したら女性は姓が変わるため登録していた銀行印も変更する必要があります。

銀行印TOP > 結婚したら銀行印の変更

名前を彫っていると変更手続きは必要ありません

結婚をしたら、特に、女性は「姓」が変わる方が多いと思います。

この時、銀行印をフルネームや姓だけで彫っている場合は、銀行印の変更が必要となってきます。

銀行印は旧姓のものを使用することができるようですが、姓が違う印鑑を管理するのも面倒なので、結婚後にも使えるように「名前」のみを彫ったものを銀行印とした方が良いでしょう。

また、名前の印鑑は市販ではあまり売ってないので、姓だけのものよりもセキュリティの面で安心と言えます。

銀行印の変更手続き

銀行印の変更は、所定の手続きをすれば可能で、おおむねどの銀行でも手続き方法は同じですが、各銀行によって細かい部分で違いがあるようです。

銀行印の変更に必要なものは、現在の銀行印と、変更する新しい銀行印、通帳の三点で、これらの印鑑と通帳を持って、銀行の取引支店に出向きます。

銀行によっては、身分証明書を求められることがあるので、念のために免許証や健康保険証などを持って行った方が良いです。

手続きには、改印届けという書面を提出するのですが、改印届けを提出すればその場ですぐ銀行印が変更になる銀行と、手続きだけを店頭にて行い、実際の変更手続きは数日以内に行われるという銀行があります。

また、取引支店以外の支店などで変更手続きをすると数日かかるところもあるので注意が必要です。

銀行印の偽造による犯罪が横行したため、改印届けは年々取扱いが厳密になっている状況にあります。

本人以外に変更手続きできる?

銀行口座の本人認証にもハンコが用いられており、ハンコさえあれば口座の持ち主になりすますことができる場合があるので、銀行印は財産を守る非常に重要な印鑑です。

この銀行印を本人以外の人が変更するということは、銀行側にとってはリスクの高い手続きであるため、非常に厳格に運用されています。

本人以外が銀行印を変更する際は、本人の委託があることが前提となり、本人の委託を証明するために本人の自署捺印による委任状が必要です。

本人の委任状と、委任された人の身分証明書の2点によって本人から委託された人への流れが証明されなければなりません。

非常に重要な手続きなので、銀行によっては電話で本人確認をとるなど、さらに厳格な手続きを踏む場合こともあります。

<<広告・PR欄>>

はんこプレミアム

はんこプレミアムの公式ホームページです。
http://www.inkans.com/

ハンコマン

ハンコマンの公式ホームページです。
http://hankoman.jp/

ハンコヤドットコム

ハンコヤドットコムの公式サイトです。
http://www.hankoya.com/

銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介!

ページトップへ戻る

企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ

Copyright (C) 銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介! All Rights Reserved.