個人の銀行印

銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介!

個人の銀行印は認印や実印と大きさを変えて判別がつきやすいようにしておくと便利です。

銀行印TOP > 個人の銀行印

個人の銀行印

個人での銀行印では、金融機関での預貯金口座の開設、金銭の出納に使用する重要な印鑑です。

金融機関で通帳による定期預金、普通預金、振替預金、郵便預金などの銀行取引に使用します。

男性の場合は通常「姓」のみを、女性の場合は、姓が変わることがあるので「名前」のみを彫刻します。

実印や認印の縦彫りとは違い、銀行印は風水などの縁起を担いで、また、実印や認印と間違わないように、通常「横彫り」にします。

実印と銀行印を併用して使う方もいますが、紛失や盗難された場合は、手続きの手間やリスクが高くなるためおすすめできません

紛失した場合は、銀行での紛失届の手続きだけではなく、市区町村の役場に行き、実印の登録廃止・改印も行わなければならず、非常に時間がかかります。

また、盗難された場合は、銀行印も実印も兼ねており、悪用されるリスクが高まるので、別々に作成しておいた方が良いです。

また、一つの銀行印で複数の口座を兼ねていると、盗難された場合に全財産を失う危険性があります。

通帳一冊につき銀行印一本を用意し、通帳も銀行印も一つひとつ別々の場所で保管する方が、安全性からは望ましいです。

個人の銀行印のサイズや書体は?

個人の銀行印の大きさは、認印より大きく、実印より小さめなサイズが一般的になっています。

実印や認印と見分けがつくように、サイズの違うものを選ぶとわかりやすく、判別がつくようになります。

男性の場合は13.5㎜~15.0㎜、女性の場合は12.0㎜~15.0㎜が一般的な大きさとなり、共にコンパクトに収まり手に馴染むサイズです。

個人の銀行印の書体としては、篆書体、印相体、古印体、隷書体などが一般的に挙げられます。

読みやすい古印体が人気がありますが、最近では、防犯上の面や趣のある印影などから篆書体や印相体も人気となっています

個人の人気ある印材は?

個人の銀行印の印材としては、最高級の「象牙」やお手頃な「黒水牛」などの動物の牙や角を素材としたものが、耐久性や押印性が高く人気があります。

最近では、「チタン」などの金属系の印材も人気があり、強度、耐食性、耐久性にとても優れ、シンプルかつスタイリッシュな装いが魅力となっています。

また、「柘(つげ)」などの植物系の銀行印もお手頃な価格で、耐久性もあり、木材の温かみがあることから人気があります。

個人の人気ある印材は?

個人の銀行印の印材としては、最高級の「象牙」やお手頃な「黒水牛」などの動物の牙や角を素材としたものが、耐久性や押印性が高く人気があります。

最近では、「チタン」などの金属系の印材も人気があり、強度、耐食性、耐久性にとても優れ、シンプルかつスタイリッシュな装いが魅力となっています。

また、「柘(つげ)」などの植物系の銀行印もお手頃な価格で、耐久性もあり、木材の温かみがあることから人気があります。

銀行印と実印の違い

「銀行印と実印が違うってことはなんとなく分かっているつもりだけど、実際なにがどう違うのかわからない」という人もいるのではないでしょうか。

ここでは、個人用の銀行印と実印の違いについて、説明していきます。

個人用の銀行印と実印の一番の違いは、法的効力があるかないかです。

銀行印も実印も、はじめから銀行印や実印として売られているわけではありません。

そのため、どれだけいい印鑑を持っていても、銀行や市町村に登録していなければ、ただの認印です。

銀行印は、銀行に登録して初めて銀行印としての意味を持ち、実印は自分が住民登録している市町村に登録申請を行い受理されて初めて実印としての意味を持ちます。

また、冒頭で前述した通り、個人用の印鑑で法的効力を持つのは実印になります。

そのため、法的効力という観点で捉えた場合は、銀行印は法的効力を持たないので、認印となにも変わりません。

しかし、個人のものとしては、銀行印も実印のどちらも非常に重要な意味を持っています。

銀行印は、預金を預けたり、引き出したりとお金を動かすものなので、大げさかもしれませんが、いわば自分の財産そのものだということができます。

一方、実印は、法的効力を持ち、結婚、遺産相続、マイホーム購入などの非常に重要な場面で使用されるため、個人の印鑑としては一番大事な印鑑であり、いわば自分の権威そのものだということもできます。

そのため、銀行印も実印も個人のプライバシーの塊であることから、リスクを回避するためにも併用は避けるべきだと言えます。

また、銀行印を認印としても併用することもできますが、認印として使うということは使用頻度が急激に高まることを意味します。

よって、破損したり、紛失してしまう可能性も高まるうえに、認印として公の場に晒すことで複製されて、財産が危険に侵されてしまう可能性が高まります。

それでも、もし個人用の銀行印と実印をなくしてしまった場合は、焦らず落ち着いて素早い対応に出ることが大切です。

銀行印を紛失してしまった場合は、まずは銀行の窓口に電話し、預金の中身が流出しないように自分の口座における取引を出来ないようにしてもらいます。

その後、窓口に行き、新しい銀行印を登録する必要があります。

実印を紛失してしまった場合には、すぐさま役所に紛失届を提出します。

その後、新しい実印の登録を行った後、警察や関係者にも連絡する必要があります。

<<広告・PR欄>>

はんこプレミアム

はんこプレミアムの公式ホームページです。
http://www.inkans.com/

ハンコマン

ハンコマンの公式ホームページです。
http://hankoman.jp/

ハンコヤドットコム

ハンコヤドットコムの公式サイトです。
http://www.hankoya.com/

銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介!

ページトップへ戻る

企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ

Copyright (C) 銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介! All Rights Reserved.