銀行印とは

銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介!

銀行印とは銀行で口座開設を行う際に届け出る印鑑のことです。

銀行印TOP > 銀行印とは

実印とは

印鑑には様々な種類の印鑑があり、私たちは、法的な効力をもつ「実印」から郵便物の確認などに使う「認印」まで、生活のいろいろなところで使い分けています。

ハンコの中でも特に重要なものが「実印」で、住民登録をしている市区町村の役所や役場で、印鑑登録をしてはじめて、法的効力を持つものになります。

登録した実印とその証明書は大切に保管する必要があり、これがあると他人でもあなたに成りすますことができるので注意してください。

実印は、婚姻届や不動産の売買、各種ローンなどで使用し、自分の権利や財産を守るためにあります。

認印とは

一方、生活の場でよく使うのが「認印」で、意思確認を行ったり、承認する時などに使用したりします。

認印は印鑑登録をしていないすべてのハンコで、シャチハタや三文判もよく用いられます。

ここで、シャチハタとは、スタンプタイプの簡易印鑑(インキ浸透型印鑑)のことで、大量生産されており、同じ姓ではすべて同じ形となっています。

したがって、防犯上の危険性から、認印以外では基本的に使用することができず、実印や銀行印としては使えません。

また、「シャチハタ」という名前は、それを製造販売している会社の社名から来ています。

三文判とは、100均でも売られているような一般的に出来合いの安価なハンコのことを指し、大量生産されている同型印のことです。

シャチハタも三文判扱いされることもありますが、大きく違う点は、三文判は登録すれば実印や銀行印として使える点です。

銀行印とは

銀行印とは、銀行に口座開設を行うときに届け出る印鑑のことで、窓口で預金を引出したり、小切手を振り出したりする際に必要となってきます。

通帳と銀行印があれば本人でなくても金銭を引出すことができてしまうので、盗難などには注意が必要です。

印鑑の種類は特に指定されておらず、安価な「三文判」でも「実印」でも利用できますが、実印と銀行印を一緒にしていて盗難にあった場合は、金融機関への変更届だけではなく、実印の登録廃止や改変手続もする必要があり、大変手間がかかってしまいます。

また、三文判でも銀行印として使用できますが、防犯上の危険性は高くなるので注意が必要です。

シャチハタは、前述通り銀行印としては使用できません。

<<広告・PR欄>>

はんこプレミアム

はんこプレミアムの公式ホームページです。
http://www.inkans.com/

ハンコマン

ハンコマンの公式ホームページです。
http://hankoman.jp/

ハンコヤドットコム

ハンコヤドットコムの公式サイトです。
http://www.hankoya.com/

銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介!

ページトップへ戻る

企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ

Copyright (C) 銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介! All Rights Reserved.