黒檀の銀行印

銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介!

黒檀は植物性の中では耐久性も高く値段もリーズナブルな銀行印におすすめの素材です。

銀行印TOP > 黒檀の銀行印

銀行印の素材として有名な黒檀とは?

銀行印の印材である黒檀は、カキノキ科カキノキ属の熱帯性常緑高木です。

インドやスリランカなどの南アジアからアフリカに広く分布しており、果実は食用としても食べられ、木材は印鑑の材料として用いられるほか、特にセイロン・エボニーという品種は古くから家具や弦楽器などに使用されてきた黒檀の中でも代表的な銘木です。

黒檀の生産地の一つであるマダガスカルでは、古くから高級家具や楽器の材料として用いられているアフリカン・エボニーが栽培されています。

マダガスカルでは近年木材産業が盛んに行われているため、現地の物価としては非常に高値で取引されています。

そのため、違法取引の横行が問題視されており、加盟国内から輸入する際には生産者の販売証明書類の提出が義務付けられることになりました。

黒檀で製造された銀行印の長所と短所

黒檀の銀行印のメリットは、その材質が緻密で重く堅いため、非常に耐久性が高い点が挙げられます。その上乾燥性もあり、虫に喰われにくい事から、丁寧に扱えば植物性の印鑑の中でも非常に長く使用することの出来る素材であると言えます。

また、黒檀の銀行印は磨くと独特な美しい光沢がでます。

黒檀は油分を含んでいるため、使うごとに深みのある独特な色合いに変化していくのです。

銀行印は長く使うものなので、そういった経年変化を楽しめるのも嬉しいポイントですね。

黒檀の銀行印のデメリットは、他の植物系の印材と同様に直射日光や急激な乾燥、湿気、気温の変化に弱い性質があるので、保存場所に気を付けなければならない点が挙げられます。

とはいえ専用のケースに入れていれば問題がない程度なので、非常に扱いやすくおすすめです。

黒檀の銀行印を選ぶ際のポイント

黒檀の銀行印は古くから人気が高いため、比較的どこのハンコ屋さんでも手に入るポピュラーな素材であると言えます。

見た目も黒に近い深い茶色なので、男女問わず気兼ねなく使うことが出来るため、人気が高いのもうなずけます。

もちろん、ネットショップでも気軽に手に入るので、数ある印鑑の中でもかなり入手しやすい素材であると言えるでしょう。

値段も3,000円ほどからと、非常にリーズナブルで手に入りやすい価格です。

素材が強く、大事に使えば半永久的に使用できるのが黒檀の銀行印のメリットですので、この値段はかなりコストパフォーマンスが高いと言えるのではないでしょうか。

使うごとに味が出てくるその美しい木目は、目にも楽しく愛着も湧くものですので、是非検討してみてはいかがでしょうか。

<<広告・PR欄>>

はんこプレミアム

はんこプレミアムの公式ホームページです。
http://www.inkans.com/

ハンコマン

ハンコマンの公式ホームページです。
http://hankoman.jp/

ハンコヤドットコム

ハンコヤドットコムの公式サイトです。
http://www.hankoya.com/

銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介!

ページトップへ戻る

企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ

Copyright (C) 銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介! All Rights Reserved.