翡翠の銀行印

銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介!

翡翠は、割れにくい性質であり銀行印の中でも耐久性に優れた素材です。

銀行印TOP > 翡翠の銀行印

銀行印の素材として有名な翡翠とは?

銀行印の印材として使用される翡翠は、深緑の半透明な見た目が特徴の宝石です。

古代では「玉(ぎょく)」と呼ばれ人々の身近なものとして親しまれてきました。

翡翠は東洋、特に中国で古くから人気の高い宝石であり、他の宝石よりも価値が高いとされています。

主に腕輪などの装飾品や器、置物などに加工され、多くの出土品が存在しています。

翡翠は古代より不老不死および生命の再生をもたらす力があると信じられており、遺体全体を翡翠の玉で覆うことで死者が復活するものと考えられていました。

その為、呪術やまじないの道具として日常的に使用されてきた歴史があります。

印鑑は日常生活で頻繁に使用するものなので、翡翠の印鑑は持っているだけでパワーを貰えそうですね。

翡翠で製造された銀行印の長所と短所

翡翠を銀行印にするメリットとしては、翡翠は内部で針状、繊維状の小さな結晶が複雑に絡み合った鉱物であり、すべての鉱物の中で最も割れにくい性質を持っているため丈夫だということ挙げられます。

例えばダイヤモンドは最高の硬度をもっていますが、ある特定の角度から衝撃を与えると簡単に割れてしまうという性質があります。

その点翡翠は細かな結晶の集まりであるため、衝撃に弱い方向というものが存在しないので非常に割れにくいのです。

ただし、鉱物としては強靭でも、天然翡翠の場合、ヒビや石目があるとそこから割れる場合もあるので落としたりしないよう気を付けましょう。

一方、翡翠で銀行印を作るデメリットは、割れにくい性質はあるものの宝石印鑑の中でも硬度が低いほうなので、傷がつきやすい点が挙げられます

翡翠の銀行印を選ぶ際のポイント

翡翠の銀行印は、宝石印鑑を取り扱っているショップで購入できる場合が多いです。

ネットショップでの取り扱いがあるお店もあるので、まずは検索してみるのがいいでしょう。

また、翡翠の銀行印は昔から中国や台湾で人気があり、旅行にいったついでに購入して帰るという人もいるようです。

旅行先での購入は旅の思い出の一つにもなりますね

翡翠の銀行印は、天然ものの印材を使用しているものだと1本10万円程度からと非常に高価であり、素材の質によりかなり値段が吊り上がるので、勇気のある買い物になると言えます。

しかし、宝石印鑑は大事に扱えば長く使え、持っているだけで価値があるものなので、宝石印鑑をお探しの方はじっくり他の物と見比べて、気に入ったものを手に入れてはいかがでしょうか。

<<広告・PR欄>>

はんこプレミアム

はんこプレミアムの公式ホームページです。
http://www.inkans.com/

ハンコマン

ハンコマンの公式ホームページです。
http://hankoman.jp/

ハンコヤドットコム

ハンコヤドットコムの公式サイトです。
http://www.hankoya.com/

銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介!

ページトップへ戻る

企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ

Copyright (C) 銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介! All Rights Reserved.