白檀の銀行印

銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介!

白檀は甘い香りが特徴の素材として銀行印以外にも仏具や装飾として使用される高貴な木材です。

銀行印TOP > 白檀の銀行印

銀行印の素材として有名な白檀とは?

銀行印としても使われている白檀は日本では印鑑の素材以外にも、甘い香りが特徴的な香木としても知られる高級木材です。

サンダルウッドの名でも有名な白檀は、紀元前5世紀にはすでに高貴な香木として使われており、古来より珍重されていた木材なのです。

また、白檀は霊性が高い木とも知られていたために、多くの仏像やお寺の装飾にも使われています。

つまり細密な彫刻に最適な素材なので、手彫りの印鑑用の素材としても有名です。

印鑑に使用する白檀の原産国はインド、インドネシア、オーストラリアなどの太平洋諸国に広く分布していますが、人工での栽培が困難なために、現在インドでは輸出規制がかけられている木材でもあります。

したがって、一般的な印鑑の素材の中では希少価値の高さから高価な部類に入ります。

白檀で製造された銀行印の長所と短所

最近では白檀の希少価値がより一層高まり、印鑑としては高価な部類に入りますが宝石などの他の素材と比較すると安価な割には丈夫なので、銀行印のように長期間使っていくものと考えれば、コストパフォーマンスが高いのがメリットと言えるでしょう。

また、白檀は使い込むうちに素材自体に朱肉の色が交わり、印鑑自体がなんともいえない風格を持つようになっていきます。

そして、白檀は線香の原料の中では最も一般的な素材です。捺印するたびに気品高い香りが漂うのも他の印材にはない魅力です。

しかし弱点があるのも事実であり、白檀は繊細な木材ですから使用後のお手入れに気をつけましょう。

朱肉は油質が含まれていますから付着したままにしていると印鑑が劣化してしまいます

銀行印は長い間使っていく印鑑でもありますから、使用後は必ず朱肉をふき取り、ケースに保管するようにしましょう。

白檀の銀行印を選ぶ際のポイント

白檀の印鑑は希少価値が高いので、一般的な木材の印鑑よりも高価です。

しかし印材として人気がありますから、ネットショップ、デパートなどで購入が可能です。

また、お寺や仏像に使用されてきた素材ということからも分かるとおり、彫刻に適した木材ですから職人の手彫りで作ることをお勧めします。

白檀の印鑑の相場ですが、12,000円前後が平均のようです。生産地の違いであったり、手彫り・機械彫りの違いでも価格差があります。

せっかくの高級素材である白檀で銀行印を作るのであれば、職人の手彫りで自分だけのオリジナルの印鑑を作ることも考えてみる価値はありますね。

店舗によっては、一級彫刻士が1本1本真似の出来ないオリジナルの印鑑を彫ってくれるところもありますから、じっくりとサービスを比較してオーダーすることをお勧めします。

<<広告・PR欄>>

はんこプレミアム

はんこプレミアムの公式ホームページです。
http://www.inkans.com/

ハンコマン

ハンコマンの公式ホームページです。
http://hankoman.jp/

ハンコヤドットコム

ハンコヤドットコムの公式サイトです。
http://www.hankoya.com/

銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介!

ページトップへ戻る

企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ

Copyright (C) 銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介! All Rights Reserved.