チタンの銀行印

銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介!

チタンは印影がキレイで耐久性が高い素材なため銀行印でも人気が高いです。

銀行印TOP > チタンの銀行印

銀行印の素材として有名なチタンとは?

チタン

チタンは、人工素材の銀行印の中でも非常に人気な素材として知られています。

少し前まではチタンに複雑な文字の彫刻を行うことが難しかったようで、銀行印としてはあまり見かけませんでした。

しかし需要の増加と加工技術の進歩により、現在ではポピュラーな素材になってきました。

元々自然界の存在は豊富ですが、製錬の難しさなどから、金属として広く用いられる様になったのは、実は比較的最近のことなのです。

チタンは銀行印の素材として使用されている以外に、強度・軽さ・耐食性・耐熱性を備えているために様々な分野で活用されています。

代表的な使用用途としては航空機用途や建材が挙げられます。

また、酸化チタンは非常に安定的な化合物であることから、安価な白色顔料として知られ、絵具や合成樹脂として使用されており、私たちの身近な存在なのです。

チタンで製造された銀行印の長所と短所

チタンの銀行印のメリットは、なんといっても耐久性です。

動物の角や牙、木材を材料とする一般的な印鑑と比較し、チタンは圧倒的な耐久性を誇ります。

特に純チタンは、欠けたり摩耗するという事が少なく、長年の使用にも耐えうる強度を持っているため、銀行印の使用に最適です。

また、細やかな粒子が集まって形成された印面は、朱肉乗りが非常によく、捺印の際には朱肉離れがいいため、にじみ・かすれがほとんど起こりません。

さらに、金属ならではの程よい重みも相まって、誰でも鮮明な印影を残すことが出来、数多く存在する材料の中で最も綺麗な印影を残すことが出来るのが特徴です。

デメリットは、チタン自体が金属としての希少価値が高いので、よくある銀行印よりもお値段が張ることです。

ただ、1度購入したらずっと使い続けることができるという意味では、チタンの銀行印を選ぶことは賢い選択肢のひとつだと言えるでしょう。

チタンの銀行印を選ぶ際のポイント

チタンの銀行印は、その丈夫さと耐久性の良さ、扱いやすさから近年人気が高まってきており、比較的どこのお店でも手に入る存在となりました。

しかし、不純物の少ないチタン(純チタン)は製錬・加工が難しく、費用もかかるため、化合物のチタンよりも高いと言えます。

そのため、不純物の少ないチタンの銀行印を扱っているお店はまだ少なく、特に記載がない場合は化合物を使用している可能性が高いので、不純物の少ないチタンの銀行印が欲しい場合には一度問い合わせしてみると良いでしょう。

他には、カラフルなものや天然石が埋め込まれているデザイン性の高いものも人気が高まってきているようです。

このようにチタンは身近な存在の素材になりつつありますが、鉄などと比べると希少性は高いので、少々お高く、1万5千円から販売されているのが主流のようです。

チタンで作成する人に最適な通販ショップ

ピックアップ はんこプレミアム
はんこプレミアム

はんこプレミアムでは、人気急上昇中のチタンを幅広く取り扱っており、豊富な種類から自分好みの銀行印を作成できます。「ブラストチタン」は、価格が10,000万円を切る7,800円から作成できる安さから人気が最も高いチタンとなっています。他にもゴールドやブラックなど様々なシーンで活躍できるチタンが良心価格で販売されています。

特徴 詳細 公式HP
豊富なチタンから理想の印鑑が作成可能 詳細 公式HP

<<広告・PR欄>>

はんこプレミアム

はんこプレミアムの公式ホームページです。
http://www.inkans.com/

ハンコマン

ハンコマンの公式ホームページです。
http://hankoman.jp/

ハンコヤドットコム

ハンコヤドットコムの公式サイトです。
http://www.hankoya.com/

銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介!

ページトップへ戻る

企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ

Copyright (C) 銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介! All Rights Reserved.